• inspection

    内視鏡検査について

    内視鏡検査さえ受けていれば防ぐことのできた“突然の悲しみ”を数多く経験してきました。
    胃がん・大腸がんは早期に発見できれば、
    おなかを切らずに内視鏡で切除することができます。

    その胃がん・大腸がんを発見し正確に診断できる検査は内視鏡検査しかありません。

    症状がある方はもちろん無症状の方もすすんで検査を受けて頂くように、
    洗練された技術と先鋭のシステムをもってお待ちしております。

    当院の内視鏡検査の特徴

    大学病院レベルの
    最先端の設備環境

    世界最高水準であるオリンパス社製の内視鏡セットを装備。
    最先端の内視鏡セットで検査をすることで、微小な病変を発見できその病変が良性か悪性(がん)が診断できるため不要な病理組織検査(生検)を省くことができ早期のがんを診断できます。

    鎮静剤を使用した
    楽な内視鏡検査

    眠っている間に内視鏡検査をおこないます。目が覚めると検査が終わっていますので検査中の苦痛を感じず従来の胃カメラ、大腸カメラのイメージとは全く異なり楽に検査を受けていただくことができます。

    胃カメラ

    胃カメラとはのど(もしくは鼻)に麻酔をかけ、口(もしくは鼻)からスコープを挿入し、のど~食道~胃~十二指腸を観察する検査です。

    検査は検査着に着替えていただき、鎮静剤を使用し眠った状態で行います。検査後は検査ベッドのまま回復室に移動し休んでいただきます。

    お忙しい方、鎮静剤を使用したくない方はお鼻から検査する細径内視鏡も常備しています。(細径内視鏡は通常の内視鏡の約半分の細さで、挿入時舌のうえをとおらないため“オエッ”となりにくいのが特長です)

    胃カメラは予約の方が優先になりますので、できるだけ事前予約をお願いいたします。

    (絶食で来院の場合、当日施行も可能ですがお待ちいただくことがございます。)

    40歳以上の方は、年1回福岡市検診の胃カメラ(1800円)を受ける事ができます。70歳以上は無料です。

    ピロリ菌感染が疑われる場合は、検査を行い感染があれば積極的に除菌を行います。

    大腸カメラ

    大腸カメラとは肛門からスコープを挿入し大腸および小腸の一部を観察する検査です。
    胃カメラ同様に鎮静剤を使用し眠っている間に検査をおこないます。

     

    検査は検査着に着替えていただきますが下着も検査用パンツに着替えていただきます。
    前処置として前日は検査食または食物繊維の少ない消化に良い食べ物を摂っていただき、当日はクリニックもしくはご自宅で腸管洗浄剤を飲んでいただきます。

     

    クリニックではトイレ付きの完全個室で前処置を行いますので、まわりの患者さんの目を気にする心配はありません。

    検査後のお腹の張りや痛みが無いように炭酸ガス送気装置を使用しています。

     

    小さなポリープであれば検査当日に日帰りで内視鏡切除が可能です。

    完全個室の大腸前処置室

    内視鏡検査・治療費用

    胃内視鏡(胃カメラ)

    • 初再診料約400円〜2,500円

      (前処置薬剤等)

    • 胃内視鏡約3,500円

      検査のみ

    • ピロリ菌検査約1,600円

      追加費用

    • 病理細胞検査約4,000円〜7,500円

      追加費用
      (個数・部位によって異なります)

    • 合計約4,000円〜15,000円

    お薬が出る場合はその他別途処方箋料がかかります。

    ◆1割負担の方は上記の3分の1程度でお考えください。

    ◆経鼻・経口内視鏡ともに上記金額です。

    ◆状況により異なる場合がございます。

    大腸内視鏡(大腸カメラ)

    • 初再診料約1,500円〜3,500円

      (前処置薬剤等)

    • 大腸内視鏡約5,000円

      検査のみ

    • 病理細胞検査約4,000円〜12,000円

      追加費用
      (個数・部位により異なります。)

    • 合計約6,500円〜21,000円

    大腸ポリープ切除術

    • 日帰り手術20,000円~30,000円

    お薬が出る場合はその他別途処方箋料がかかります。

    ◆1割負担の方は上記の3分の1程度でお考えください。

    ◆状況により異なる場合がございます。

    自費検査費用一覧

    • 胃内視鏡(胃カメラ)15,000円

    • 大腸内視鏡(大腸カメラ)20,000円

    • 福岡市胃がん検診(胃カメラ)1,800円

    福岡市在住の50歳以上偶数年の方対象

    ※生体検査、ピロリ菌検査、ポリープ切除等その後治療を必要とする場合、保険の適用内で検査、手術させていただきます。

    膨満感軽減の内視鏡検査​

    内視鏡検査に伴うお腹の張り感を軽減するために、UCR(二酸化炭素送気装置)を使用しております。
    大腸を観察する際には、空気を入れて腸管を膨らませる必要があります。従来の空気送気による大腸内視鏡検査では、なかなか腸管内の空気が抜けきれないため、検査終了後も腹部膨満感や不快感が持続することがたびたびあり、大腸内視鏡検査が苦痛である原因の一因となっています。
    当院では、腸管を膨らませて観察する際に、空気ではなく、二酸化炭素(炭酸ガス)を使用しています。二酸化炭素は空気よりも約200倍、腸管から血液へ吸収されやすく、呼吸により速やかに体外へ排出されます。つまり、観察の際に拡張した腸管が速やかに萎み、苦痛の軽減につながります。

    徹底した内視鏡洗浄

    当クリニックでは日本消化器内視鏡学会で正式に承認されている自動洗浄機を導入し、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサイエティ実践ガイド」に準じた洗浄、消毒を内視鏡検査の1検査ごとに毎回厳重に行い、患者さんへの感染制御に万全を尽くしています。

    安心・快適へのこだわり

    当クリニックでは、病医院専用の高性能空気清浄装置を設置することで、
    3つの安心・快適を実現しています。

    icon05

    感染症・花粉症対策

    インフルエンザウイルス、ノロウイルスや花粉を除去することで感染症防止対策、花粉症対策ができます。

    icon06

    清潔な環境を提供

    カビ、微粉塵、悪臭などを除去することで清潔な環境をご提供できます。

    icon07

    快適な環境を提供

    マイナスイオンを発生することで森林浴のような快適な環境をご提供できます。

  • 住所:〒810-0004  福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目6-12 八千代ビルYA55 4F

    診療時間:午前 9:00-12:30 午後 14:00-18:00

    休診日:日・祝日(水・土曜日は午前中のみ診療)

    お電話での来院予約・お問合わせはこちら

    COPYRIGHT 賴岡クリニック. ALL RIGHT RESERVED.